2018年05月04日

ペルーティアラ

ペルー北部、ロレト州とアマゾナス州にまたがるアマゾン
川の源流に位置するマラニョン渓谷にて栽培されています。   
ここは標高1500〜1700mの高地、寒暖の差が激し
く実が引き締まり、甘味が強く、しかも刺激のない柔らかい
味を醸し出します。          
昔ながらの有機栽培にて育まれたコーヒーは、バランスが
良くソフトでクリアーな美味しさをお楽しみ頂けます。

ペルーティアラの大きな特徴が2つあります。
説明にも書いています「甘味」と「クリアー」。

しかしこの2つには矛盾があって、元々の豆の性質上
比較的クリアーな味わいになりやすい豆は、少しでも焼き
が深くなるだけで、たちまち苦味に振れてしまいます。

でも、甘味を引き出す為には適切な火力と時間で豆に負荷
が掛かり過ぎないように火を入れて、不要な酸味を消し、
適度な酸味含んだ味わいを残さなければいけません。
この矛盾を克服する為に、けっこう試行錯誤してきました。

そんなこんなで引き出された「甘味」が凄いんです。
キャラメルやブラウンシュガーにレーズンやビスケットを
合わせたような味わいと香りで、濃密なコクが余韻に深く
広がります。
しかも潔いキレがある。

ティピカ種かまたそれに近いルーツのコーヒー豆には同じ
ような特徴を感じます。

皆様も是非お試し下さい。

CIMG4587.JPG


posted by mamemundo at 00:55| Comment(0) | コーヒー豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。