2018年04月12日

コープ 立山連峰の水

以前この水を試していて、良い感じの味わいになったので
お客様にもおすすめしていました。
それから数年経ってもう一度この水の「良さ」を感じて
みようと改めて試してみました。
数年の月日がそう感じさせたのか、それとも焼き方を変え
たからなのか、以前の様な際立った印象が感じられません
でした。
特に問題があるという訳ではなく、通常の水道水(生駒の
水を浄水器に通した水)との差があまり感じなかったと
いうことです。
細かい所では、水を飲んだ後口に僅かにコクがある事と
コーヒーの酸味を和らげること、そして味わいの輪郭が
はっきりして香りが増した感じがすること。
酸味が和らぐ事は良いのですが、輪郭がはっきりする事
で「まったり感」が削れてシャープになったり、苦味の
存在感が増したりと「好み」がはっきりする印象になった
ように感じます。
中煎り位の焼き加減のコーヒー豆で酸味を強調したくない
方におすすめかな?。
軟水としては硬度73と高めなのですが、食塩相当量が
「0」なので、甘さとコクが引き出せないのでは?なん
て事を考えてしまいます。
興味のある方は是非。
CIMG4500.JPG
posted by mamemundo at 22:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。