2018年03月17日

伊藤園 島根 磨かれて、澄みきった 日本の水

名前が長い!
今回ご紹介するお水です。
いつもコーヒーとの相性からなのですが、今回は「お茶」
での実験結果からお伝えしたいと思います。
いろいろ試しましたが緑茶との相性が一番印象的でした。
口当たりの存在感が特に増す感じはない。しかし、後口と
余韻に広がる茶葉の香りと甘やかさは、普通のお茶が
まるで「新茶」になったかのような味わいと存在感と甘味
を感じさせてくれました。この結果には少し驚きました。
そう、伊藤園と言えば「お〜〜い〇茶」ですよね。
しかし、この水を使っているかは不明ですけど・・・。

硬度が83mgと軟水としては高めなのでコーヒーとの
相性の良さを期待していたのですが、正直コーヒー向き
ではありませんでした。
今まで「硬度80mg位の水はコーヒーを美味しくする」
と言っていたのですが、今回の実験でそれが言えなくなっ
てしまいました。やや困惑・・・。
その原因は何なのか?
いくつかの原因が考えられるのですが、その話はまた
今度。
次回はコーヒーとの相性と水そのものの味わいについて
書こうと思います。

CIMG4486.JPG



posted by mamemundo at 23:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。