2018年03月05日

空気穴

お客様から頂いたご質問で、
「コーヒーが速く落ちてしまうのはなぜ?」
抽出時ドリッパーから落ちるコーヒーが速くて、味が
薄く感じる。そんな話をよく聞きます。
この原因にはいろいろありますが、解決方法の1つとして
「空気穴を塞ぐ」という方法があります。
ドリッパーには「リブ」と言われる溝があり、その形
などはメーカーによって異なります。

CIMG17842.jpg

ではこの「溝」は何の役目があるのでしょう。
それが「空気穴」なのです。
ドリッパーとペーパーの間に存在させて、お湯の落ち方を
コントロールしています。その空気穴を意図的に塞ぐ事
で、お湯がゆっくりと落ちるようになるのです。
では、どのようにするかと言いますと、ドリッパーに
ペーパーをセットしたら、そこでグルっとペーパーにお湯を
かけます。するとペーパーがドリッパーに密着します。
これで、適度に空気穴が塞がれた事になります。
かけたお湯は下のサーバーなどに溜まるので、それを捨て、
そしてコーヒー粉をペーパーの中に入れます。
そこからは丁寧にドリップして頂ければ、お湯の落ちる
スピードも多少遅くなると思うので、味わいにも深みが
出て来ると思います。
落ちるスピードが速いと感じている方、味に深みが欲しい
と思っている方、是非一度お試し下さい。

CIMG17841.jpg
posted by mamemundo at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。