2014年07月24日

「の」の字の描き方

ドリップコーヒーを作る時によく聞く
「の」の字。

「の」の字と言ってもクルクル回すイメージで
「どこに」「どれくらい」がわからないという方も
多いと思います。

今回はそんな疑問解決の第1弾として
「の」の字の描き方についてです。

img3021.jpg


< 補足 >

今回のポイントは、ドリッパーの中心付近に注ぐお湯の量と
注ぎ方です。

一番多くコーヒー粉がある中心付近にしっかりと注ぎ、外側へ行くに
つれて少なくなるように注ぎ分ける事が必要。
中心からスタートしたお湯は少しずつ輪を大きくしながら外側へ広げて
いき、外側にはあまり時間を掛けず、すぐまた中心へと戻っていく。
戻る時も同じような螺旋を描きながら、今度は少しずつ輪を小さくしながら
中心に戻ります。

同じお湯の太さ、同じスピード、そして同じ螺旋模様の描き方を意識
しながら注ぐ事が大事なのです。

その辺を意識しながら挑戦してみて下さい。

次回は「時間」について描こうと思っています。


posted by mamemundo at 19:31| Comment(0) | マンガ(コーヒー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。